ちょっと待って!修理に出す前にしておきたいこと

電源が入るのであればバックアップを取っておく

iPhoneが壊れて修理に出す場合、事前にどのような準備をすればいいのでしょうか。まず、破損がガラスなどに限られ、電源が入る状態なのであればデータのバックアップをしておきましょう。なぜかというと、修理に出した場合、本体の交換になる可能性があり、元のiPhoneに保存されていたデータは変換されないことが多いからです。
iPhoneを水に落としてしまったので修理に出したいという場合は、別の対応が必要です。データをバックアップしようとして電源を入れると基板がショートし、故障範囲が広がる可能性があるからです。このケースでは、水没したiPhoneのバックアップを行ってくれる修理店に持ち込むようにしましょう。

iPhoneのロックを解除しておく

iPhoneには、紛失したり、誰かに盗まれてしまった場合に備えて、iPhoneをロックする機能が存在します。修理に出す前には必ずこのロックを解除するようにしましょう。具体的なロックの解除方法ですが、「iPhoneを探す」という機能をオフにすることで行います。オフにする際は、パスワードが必要になりますが、このパスワードを忘れてしまったというケースがあります。その場合は、サポートセンターに問い合わせてみましょう。本人確認ができれば解決できる可能性が高いです。
修理してもらうためにはiPhoneをメーカーに送るか、もしくは修理業者に持ち込む必要があります。メーカーに送る場合は一定の手続きを経て、配送業者に指定の梱包材を持ってきてもらうことになるので、自分で梱包のための段ボールなどを用意する必要はありません。

iphone5sの修理は画面であれば専用のキットが販売されているので、自分で修理することが可能です。