自分で直す?修理店に頼む?修理の方法あれこれ

iPhoneは自分で修理をすることもできる!

バッテリーやホームボタンの調子が悪くなってきたなど、問題がはっきりとしている場合は自分でiPhone修理を行うことも可能です。パーツを購入する必要はありますが工賃がかからない分、安く修理をすることができます。ただ、一度でも個人で修理を行うと残っている保証期間が消滅するので注意が必要です。保証期間は個人でのパーツ交換は勿論、故障箇所を探すために分解をしただけでも失われてしまいます。更に、正規店で修理を断られる原因となることもあります。それだけに、故障の原因が分からないのであれば個人で修理しようとするのではなく、まずは正規店に持ち込む方が良いでしょう。原因がはっきりしていて修理ができそうな場合も、分解をする前に保証期間を確認しておくことがおすすめです。

修理は正規店か非正規店か

iPhoneの保証期間が残っているのであれば、正規店での修理がおすすめです。ただ、正規店の場合は予約が必要なことが多く飛び込みではなかなか修理をして貰えないことがあります。少しでも早く使える状態に戻したいと考えるのであれば、飛び込みでも修理可能な非正規店を選ぶという方法が有効です。非正規店で修理を受けた場合、自分で分解した場合と同じように残りの保証期間が失われることになります。しかし、非正規といっても修理を担当する人はiPhoneに関する知識と技術を備えているため、様々な不調や不具合に対応することができます。そのため、予約をしている余裕がない時や今すぐにでも修理をしたい場合は、非正規店の活用を考えておくと良いでしょう。

キャリアの補償サービスに未加入の場合で、iphone6sの修理をしたい時におすすめなのが街に点在する修理ショップであり、即日で作業を終えることがほとんどなので大変便利です。