iPhoneが壊れた!?まずは状態確認&応急処置

これは故障?iPhoneのよくある症状

iPhoneを使用している際「これって故障?」と思うことが多々あります。iPhoneはとてもデリケートな端末ですので、不具合が起きる可能性も高いです。しかし、iPhoneが故障したと思っても、まずは慌てずに状況確認です。ここでは、iPhoneの故障と思えるような代表的な症状と応急処置を解説します。

まず、iPhoneの充電ができなくなった場合です。この場合は、まずは充電コードの断線を確認します。予備があれば交換しましょう。それでも駄目な場合は、充電が残っているなら一度再起動をかけてみます。

そして、iPhoneが突然電源オフになる不具合もよくあります。この不具合は、長期間、iPhoneを使用している際に起こりやすい不具合です。これはバッテリーの劣化が原因と考えられます。現在のiPhoneは、バッテリー状態の確認がとれますので、バッテリーの状態が悪い場合には、早めのバッテリー交換を行います。

基本の応急処置は再起動、及びOSのアップデート

iPhoneの故障と思われる症状は多岐にわたりますが、修理に出す前に、まずは応急処置として再起動を行なってみましょう。再起動の方法ですが「一度電源を切る」方法と「強制再起動」の二つの方法があります。

強制再起動の場合、作業中のデータなどが失われる可能性もありますので、リスクを把握したうえで行います。また、iPhoneのOSで最新のものが提供されている場合には、OSをアップデートすることも応急処置の一つです。

新しいOSは、以前のOSの不具合が解消された状態で提供されていることもありますので、できるだけ最新のOSにアップデートします。しかし、それでも不具合が解消されない場合や、電源が全く入らない場合には、メーカーや修理業者に依頼する必要があります。

ただ、不具合が発生したからといっていきなり修理に出すのではなく、先述した応急処置を試してみると、意外とすんなり治ったりもします。

iphoneが起動しない時は、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しすることが、最初にやるべき対処法です。