もう壊さない!破損や故障の予防方法

壊れなければ、修理代金もかからない!

iPhoneの修理は、故障内容によってはかなり高くつくこともあります。特に最新型のiPhoneになればなるほど、修理代金は高くなっていく傾向にありますので、機種変更をしたばかりだと言う方は、それを壊さないように大切に使っていきましょう。
そして、iPhoneを壊したくない方は、次のような対策方法をするのがおススメです。
特についつい手から落としてしまう方は、首からぶら下げることが出来るネックストラップを使うと、落として故障させてしまう事が少なくなります。ネックストラップで首からぶら下げれば、ポケットから出すときに落としてしまう事も無くなりますし、さらに直ぐにiPhoneを手にもって使う事も出来ます。
落下による故障はとても多いので、まずはネックストラップの利用も検討して見てはいかがでしょうか。

カバーに入れて使うのも故障を防げる

ネックストラップは落下による故障対策としては有効ですが、首にiPhoneをぶら下げるのは嫌という方もいます。そんな方には、iPhoneカバーを取り付けて、故障を防いでいきましょう。
カバーは千円から五千円程度の価格帯で販売されていますし、取り付けも数秒で出来るものばかりです。
また、数秒で簡単に取り付けられますが、本体を保護する性能はかなり優れています。カバーが付いていれば、コンクリートに落下させたとしても、カバーが傷つくだけで本体は無傷という事もあります。
衝撃もカバー越しのほうが弱くなりますので、本体を落下させて故障するリスクも低くなってきます。ネックストラップの利用が合わないと言う方は、iPhoneカバーで本体を守って見て下さい。

iphoneの充電ができない原因のひとつに充電コードの故障が考えられます。充電コードが断線していると充電はできません。また、充電コードに異常が無く充電ができないときは、修理店に持ち込みましょう。